利用する際の疑問点

早めに申し込みを済ませる

講義の様子

講演会を行なう際は講師が必要となり、最近ではネットで簡単に依頼することが出来ます。スマホやパソコンで手軽に依頼出来るのですが、依頼する際は遅くても2週間前までに依頼する必要があります。これは講演会の当日から数えての2週間ですが、日時や内容が既に決まっている際は早めに依頼すると良いでしょう。講師には様々な職業をしている人がおり、それぞれで仕事のスケジュールは異なります。特に人気の講師であれば忙しくすぐにスケジュールが埋まる可能性も高いので、確実に依頼が出来るよう早めがベストなのです。依頼方法は簡単なので、準備で忙しくなる前に済ませておきましょう。しかし万が一講師のスケジュールが埋まっていた場合のことも考え、講師は第二希望まで決めておくことも重要です。

事前に費用を確認する

講師を依頼する際に多くの人が気になるのが講演料で、講演料に関する質問は多く寄せられます。講演料は基本、講師によって違ってきます。また講演会に参加する人数は講師の予定によっても異なるので、予算が決まっている場合は事前に電話で確認しましょう。講演料には主に講師へのお礼のお金と、仲介業者への手数料が含まれます。それに加え場合によっては交通費や宿泊費などが別で発生する場合もあるので、追加料金により金額が大きくならないよう事前に確認することは重要なのです。お金は後にトラブルになってしまう可能性もあるので、スムーズに講演会が出来るよう講演料は確認しておきましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加